一般家具とアンティーク家具の違いとは?

希少性の高い木材が使われているものもある

アンティーク家具は、一般家具とは異なり現代では手に入れることのできない希少性の高い木材が使われているものが数多くあります。また、様々な木材の風合いや色合いなどを活かしたデザインが施されているものもあり、一点ものを求める人にとって、魅力あふれるアイテムとして捉えられています。例えば、マホガニーやオークなどの丈夫な素材が使われているアンティーク家具については、大量生産されている一般家具よりも長持ちすることがあるため、一つのアイテムを長く使い続けるうえで大きなメリットがあります。なお、木材の種類によって家具の値段に大きな差が出るため、早いうちから人気のアンティーク家具の相場をチェックしておくことが大事です。

家具職人がデザインから製作までを手掛けたものもある

アンティーク家具は、海外の優秀な家具職人がデザインから製作までの過程を手掛けているものもあり、家具そのものの品質の高さにこだわるうえで大きな魅力があります。また、一般家具と比較してデザインの随所に工夫が見られることから、室内のインテリアデザインを重視したい人に最適です。最近では、デザイン性だけでなく、実用性の高いアンティーク家具に対しても注目が集まっており、家具の買い替えを検討するにあたり、使い勝手の良いものを探してみると良いでしょう。なお、アンティーク家具と一般家具の違いを理解するうえで、国内外の様々なタイプのインテリアを扱っている店舗でベテランの担当者からアドバイスをもらうことも大切です。